経営相談

中小企業退職金共済制度

中小企業退職金共済制度



経営/起業支援


経営革新支援

経営革新支援について

経営革新は、新事業を行う中小企業者を支援するための公的な支援を受けられる制度です。

「中小企業新事業活動促進法」(旧 経営革新支援法)に基づいて、一定の革新性、経営の向上、実現可能性のある「経営革新計画」を審査し、承認しており、承認を受ければ、公的な支援を受けやすくなります。
この支援事業を、女川町商工会では、専任アドバイザー、3人の経営指導員がサポートします。必要に応じて、その他専門家を派遣することもできます。

 

経営革新の認証を受けるメリットとは?

「経営革新計画」を審査し、承認された場合のメリットをご確認ください。

  1. 低利融資の制度(宮城県)  新分野進出資金(経営革新貸付)
  2. 政府系金融機関による低利融資制度(新事業活動促進貸付)
  3. 高度化融資制度
  4. 税制面での支援措置
  5. 中小企業信用保険法の特例
  6. 販路開拓コーディネート事業支援
  7. 中小企業総合展
  8. その他の支援策

 

経営革新の承認を得るまでの流れをご確認ください

1. 女川町商工会への相談
 ↓
2. 専門家を含めた相談会で経営革新が可能かどうかの検索
 ↓
3. 経営革新が可能な場合、経営革新計画の作成
 ↓
4. 経営革新計画書への記入
 ↓
5. 本店所在地を管轄する県民局への書類の提出(差し戻しされる場合があります)
 ↓
6. 審査会(申請者本人が10分程度で審査委員に内容を説明さらに10分の質疑応答、月2回開催)
 ↓
7. 1週間から10日程度すれば、結果の連絡があり、知事名の認定書が郵送される

 

女川町商工会で相談するメリットについて

女川町商工会では、経営革新の認定を取得される場合に支援を行っています。
経営革新計画書が認証されるまでの一切の支援を無料にて、お受けいただくことができます。

計画が全くないが、将来、経営革新の認定を取得したい事業者様に対して、約1年程度かけて、どんなことなら経営革新の認定が取得できるかなど、全くの初歩から最終の認定が取得されるようになるまで経営相談などで支援を行っています。
ただし、業種等により既に同じ内容で認定を取得されているところがあったりするなど、取得できない場合がありますので、ご了承ください。


記帳・税務